内定者懇親会を開く企業側の狙い・思惑

スポンサーリンク
社会人日記

企業はなぜお金や労力をかけて懇親会を開くのでしょうか。今年はどうも6/1に開催されるのがおおそうでした。

  • 内定者、内々定者懇親会
  • 内定者懇親会の狙い
  • 企業が懇親会を開く理由
  • まとめ
スポンサーリンク

内定者、内々定者懇親会

就職活動の開始時期・面談の形式などが大きく変わってきているこのご時世に中堅企業が力を入れているのが内定者懇親会や内々定者懇親会といった新入社員になりうる学生たちの歓迎イベントの充実です。

私の知る限り90%を超える内定者が参加することが当たり前になり、社会人になる前に友達作りをすること、先輩社員と交流し不安を解消するなどを開催の目的として広く普及しているように感じます。周りの友人や当時の私も内定が決まった後の懇談会や見学会には積極的に参加しておりました。

内定者懇親会の狙い

内容としては配属先、会社の近辺の様子、会社の雰囲気、一日の過ごし方など社会人になるにあたっての不安事項を年の近い先輩社員と話し解消をすること、同期となる子同士で仲良くするためにLINEを交換したりなどがメインであり、この事前の仲間内を作っておかないとと不安になるため多くの人が参加します。

では、企業はなぜお金や労力をかけて懇親会を開くのでしょうか。

企業が懇親会を開く理由

では、企業はなぜお金や労力をかけて懇親会を開くのでしょうか。今年はどうも6/1に開催されるのがおおそうでした。

内々定者との懇談会の意義は以下のことが考えられます。

政府指定の面接開始初日の6月1日に超大手企業の最終面接が集中する日に学生が当社内内定を反故にしてして他者を受験しないように当日の学生の行動を拘束する。

10/1内定式までの辞退者を抑止するべく当社への引きつけを行う。当社事業や職務の魅力、やりがいをアピール
業務内容やワークライフバランスに関する質疑応答、相談を通して面接試験後の不安を解消させる

といったことが考えられます。

まとめ

就活生の方、就活生だったかた、いかがでしょうか。あなたの就職する会社は何としても内定者を逃したくないと必死なのです。懇親会という名であなたたちのためだよとはいうものの本当の所はびっくりするほど会社の都合というわけです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました