フィリピン(La Salle Language Center)語学留学記1-語学留学への迷い

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

こんばんは、懐かしい語学留学の写真を見つけたので語学留学に行った記録をこんな時期だからこそ共有し海外に行けるようになったら行くぞと思ってもらえる人が出てくると嬉しいです。

  • 私が語学留学に参加を決めた理由
  • LSLC (La Salle Language Center)  ラサール大学での語学留学
  • まとめ

私が語学留学に参加を決めた理由

大学に入るまでは海外は怖くて行きたくないってずっと思って過ごしてきた私が参加を決めた理由をぜひ見てください。皆さんと同じで行く意味ないでしょ、なんで海外いかなきゃいけないのってずっと思ってきた人間だったので正直自分にびっくりしました。

  • 大学の友達と一緒に旅行したい
  • 夏休みが長すぎてアルバイト・テレビ以外にやりたいことがなく暇になる
  • 受験で身につけた英語がどこまで通用するか知りたい
  • TOEICの点数を上げたい
  • 外国人の友達が欲しい
  • 日本を飛び出て新しい文化に触れてみたい、

大学生チャレンジしてなんぼです。私はこの留学も含め3か国に留学、4か国に旅行に行きました。社会人になり海外は行けるとしてもハイシーズンのみ、行ったところで日本人ばかりになってしまうのが悲しいところです。

私は強く進めます、ぜひ海外に行くチャンスをつかみ楽しんできてくださいと。

それでは次に私がお世話になりました留学先のお話に移ります。

LSLC (La Salle Language Center) 語学留学

LSLC(La Salle Language Center)はフィリピンのバコロドにあり日本語ではラサール大学付属語学学校と呼ばれています。1997年設立の歴史ある語学学校です。校舎はラサール大学のキャンパス内にあるため、大学の図書館やバスケットボールコート、カフェ、などの施設の利用はもちろん、現地大学生との交流がしやすい環境が整っています。

この語学留学は大学で設定された夏の短期(4週間)語学留学プログラムの1つでした。他にはアメリカとマレーシアの2つのプログラムが用意されていました。(アメリカの留学については別の機会に触れていきます)価格は授業料、宿泊費、宿泊地での食費、航空券込みでフィリピン、マレーシアが30万円程度、アメリカが約60万円でした。観光・お土産を考えると+10万位を目安に考えておくといいでしょう。日本で毎週旅行行くときの費用を考えてみるとしっくりくるのではないでしょうか。

フィリピンに決めた理由は価格と海です。フィリピンの海はすごく綺麗で一度行ってみたいと思っていました。また、大学1年なのであまり貯金もなく親にお願い出来る限界でした。アメリカには5年後(大学院2年生の夏)にいくことになりましたがその時は補助金をいただくことが出来たため参加できました。

まとめ

海外にいくことは難しい状況です。長期間の留学は学生の間にチャンスを自分で見つけつかみ取ることが必須です。もしコロナが落ち着いたらチャレンジしてみてはいかがですか。

海外留学は非常に高額で大学生が簡単に稼げるような金額ではありません。親にお願いしてでもぜひ行くべきだと私は考えてます。

次回は実際にどんなことをしてきたのかを記載します。

今回も読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました