フィリピン(La Salle Language Center)語学留学記7-週末の過ごし方:エクスカーション後編

スポンサーリンク
旅行

エクスカーションの後編ハイキング、遊園地での思い出と現地の学生のおうちにお邪魔した時のお話を紹介します。週末の楽しみはエクスカーションに参加するだけではないことをお伝えします。

  • ハイキング
  • 遊園地
  • 学生との交流
  • まとめ
スポンサーリンク

ハイキング

フィリピンでハイキングはしっくりきてませんんでしたがすごく楽しい時間を過ごすことが出来ました。フィリピンは火山も多く海だけでなく山もたくさんあり自然豊かな国です。

このエクスカーションも寮からバスで1時間30分で登山口に到着しました。片道は約1時間できれいな滝のところで休憩しご飯を食べて、写真を取りゆったりとした時間を過ごしました。

ハイキングについては日本でも楽しめるのですが熱帯でしか見れない植物が見れます。また、ガイドさんと英語でコミュニケーションを取りながら歩く経験は貴重でした。

遊園地

正式名称は忘れてしまったのですがその写真を載せておきます。日本ではなかなか体験できない体験型の遊園地でした。体を動かすアクティブなものがいっぱいでした。

空中を揺れながら自転車をこぐのはすごく刺激的でした、日本と違い安全基準が低いためほんとにドキドキして完走しました。

日本では味わえないスリル満点の遊園地です。大きなプールなどもあり1日中飽きることなく過ごすことが出来ます。

現地の学生との交流

La Salle Language Centerの留学ではラサール大学に通っている学生と同じキャンパスのため英語勉強のためたくさん話しかけ友達作りをしていました。SNSで連絡先を聞き帰国後も1年ほど連絡をして再開できました。

その中の1人のお家にお邪魔しました。午前中にショッピングモールで集合してショッピングモール内にある教会に一緒に行きました。その後ゲームセンターで遊び、お昼ご飯を食べてご家族の車でお家に向かいました。3兄妹でお家ではみんなで日本から持ってきた私のトランプで遊び、ベビーパウダーを負けた人につける遊びをしました。単純な遊びですがめちゃくちゃ楽しかったです。

おうちは思っていたよりきれいで広く、大学に通える家庭の子はやはり裕福な家庭で育っているようです。フィリピンの貧富の格差は大きくストリートチルドレンになる子がいるなか、こんなにも裕福な家庭もあるのだなと感じました。

まとめ

週末にエクスカーションにいくことで準備されたものを楽しむパック型の旅行が好きな人にとっては必須のイベントだと思います。しかしながら、自由に自分で決めたい人なら伝手を作り自分が本当にやりたいことを実行出来るように努力していくと楽しめると思います。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。

この後は台湾、アメリカの留学についてもお伝えして少しでも留学に興味を持って参加していただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました