UCデイビス(University of California, Davis)での 語学留学 週末旅行-2 ラスベガス

スポンサーリンク
旅行

こんばんは、この記事では大学のあるデイビスからサンフランシスコを経由してラスベガスへ電車とバスを使って旅行した私の体験をお伝えします。飛行機ではなくバスを使った理由は大学から使用が禁じられていたためです。ただし、アメリカで飛行機はメジャーな交通手段であるため短時間かつバスとほぼ同額で利用が可能でした:(

  • デイビスーサンフランシスコ(電車:Amtrack)
  • サンフランシスコーラスベガス(バス:Greyhound)
  • ラスベガス観光
  • まとめ
スポンサーリンク

デイビスーサンフランシスコ(電車:Amtrack)

大学のあるデイビスからサンフランシスコまではUberでも行くことは可能ですが、早朝の出発を予定しておりましたため今回はアメリカで最長の距離を走行する電車Amtrackを利用しての旅行にしました。Amtrackから自分の乗る駅と時間、往復かどうかを選択し申込をしましょう。そうすると以下のPDFが出力されます。心配な方は紙で持っていると安心です。(大学で自由に印刷可能です)

片道2時間で料金は往復で57$(約6000円)とそれなりにかかります。

予約制ではありますが驚いたことに席は指定ではありません。回ってくる車掌さんにチケットを見せると自分の降りる駅のメモ書きを座席上に掲示するだけです。空いてる席に座り慌てずチケットをみせればOKです。

サンフランシスコーラスベガス(バス:Greyhound)

Greyhoundとはアメリカ合衆国で最大規模のバス会社であり、ロゴマークはドッグレースにおいて最も速い犬種グレイハウンドをモチーフにしています。このバスにてサンフランシスコからラスベガスまでの移動をしました。

サンフランシスコからラスベガスの移動は途中でロサンゼルスにて乗り換えが必要であり片道に要した時間は何と14時間です。 余りにも長すぎたのでバスで寝るすべを習得してしまいました。
代金は往復で110$(約13000円)でした。

グレイハウンドの予約については別記事:グレイハウンド(Greyhound)アメリカ高速バスの詳しい予約の仕方で紹介します。

ラスベガス観光

ほとんどを移動に費やす旅行でしたが待ったかいがあり非常に充実した時間を現地では過ごしました。(授業を2日間休み決行しました。)

ベラージオホテルの噴水ショー、パリスやルクソールなどの各国のモニュメントのレプリカを観光したり、本場のカジノやダンスショーなどやりたいことを全てやりつくして時間いっぱい楽しみました。ラスベガスでしかできないことを是非とも楽しんでみてください。

まとめ

ラスベガスまでの道のりは遠く険しいものでしたがさすがはラスベガス、時間をかけていくだけのことがありました。友達と2人でいきましたが他の100人以上の日本人で行った人はいないと聞きました。せっかくアメリカに語学留学するのであればパックツアーに参加するのもいいですが、自分のやりたいことをやりつくす旅行にしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました