餃子の町「宇都宮」「浜松」「宮崎」特徴・違いは!?

スポンサーリンク
料理

この記事では日本で発展した焼餃子が大好きな私が気づいた各地の特徴をお伝え出来ればと思います。

今回特集したのは「宇都宮」「浜松」「宮崎」の3つです(あいうえお順)。

スポンサーリンク

宇都宮餃子

「餃子の街」として広く知られている宇都宮。ではどうして、たくさんの餃子が宇都宮では食されているのでしょうか。宇都宮では普から餃子専門店があるのは当たり前であり、昼ご飯、夜ご飯として食べることに加えて、学校帰りや小腹がすいたときのおやつ代わりでもある日常食です。

Fried, Dumplings, Gyoza, Cabbage, Plate, Chinese, Pork

実は「宇都宮餃子」は商標登録されたブランド名でもある。「とはいえ、宇都宮餃子の材料や味付けなどに決まりはなく、焼き飲子も水飲子も揚げ」餃子もすべて「宇都宮餃子」それぞれのお店のさまざまな餃子から、好みの味を発見する楽しみがあります」

浜松餃子

浜松餃子といえば円形に焼いた鮫子の真ん中にモヤシを添えたスタイルが特徴です。「円形にフライパンにぎっしり並べて焼き、屋台で販売したのが発祥といわれています。モヤシは真ん中の空き部分に
添えた付け合わせ。脂をリセットしてくれます。私は特にコショウと酢で食べるのが大好きです。

浜松餃子の定義は「3年以上浜松に在住して浜松市内で製造されている餃子。具材や調理方法などに決まりなし」とのこと。とはいえ主にキャベツを使用しているのは、市内や隣の愛知県で多く生産されていたから。玉ネギも浜松の名産品です。身近な食材で各店それぞれの味を提供しています。

宮崎餃子

そもそも宮崎で餃子が好まれる背景には何があるのか

「宮崎市内に限らず、県内には昔から生餃子を販売する専門店がありました。勤め帰りの人が、そうした専門店やスーパーなどで生鮫子を買い、家で焼いて夕食の一品にする食文化が根付いていました」

宮崎市観光協会

生餃子を購入するだけでなく、餃子を手作りする家庭もあるそうです。


「各家庭で子どもの頃から食べていますから、餃子はごく身近な食べ物なのです」

では、宮崎餃子の定義は?
特にありません。あえて言えば、具材に宮崎県産のものを使用することでしょうか宮崎県は畜産や農業が盛んで豚肉、キャベッ、ニラ、ネギなどの材料は豊富。具材の配」合や焼き加減は、各店舗で特徴があります。

最後に

全ての餃子を食べてみて思ったのは同じ料理であって同じ料理ではないということです。それぞれの発展を経て今があるのです。

コロナが明けたら是非食べ比べ旅行をしてみるのはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました