バチェラーデートの登録は火曜日・土曜日・日曜日がオススメの理由

スポンサーリンク
婚活レポ

早速ですが、今回は「ハイスペックと出会える!」と噂のバチェラーデートを使ってみました!このアプリの特徴や使ってみた感想をお伝えいたします!

今回は特に、バチェラーデートをいつ登録するか悩んでいる人に向けて最適な曜日をご紹介します。

加えてこの記事を呼んで登録頂けた方には”無料お試しチケット”がプレゼントされます。

火曜日との登録がオススメの理由

それでは本題に入ります。バチェラーデートはハイスペックの男女の出会いの場です。

このアプリには登録できる人を審査・選抜する仕組みがあり、この審査は2~3営業日程度の時間がかかります。

男性の場合には、高学歴・年収の高い職業・見た目から総合的に判断を

女性の場合には、審査用の写真映え・職業を基に判断されるようです。

従って、水曜日に登録をした場合には金曜日か翌通常営業日の月曜日に審査結果を知ることが出来ます

審査が通過したら次はデートを申し込みます。

デートの予約は土・日曜日の場合はの火曜日までに済ませる必要があります。そうすれば最短次の週の土曜日に確実にデートができます。

私も登録したのは暇な火曜日で1週間後に行きたかったのにデートの予約が無事間に合うというタイミングが良かったという経験をしました。

バチェラーデートの登録は火曜日に行えば次の週の土日にバチェラーデートに参加できます

土曜日と日曜日に登録もオススメ

登録は火曜日の他に土曜日、日曜日もオススメです。その理由は次の週の水曜日に最短デートが確約されるためです。

口コミでは土日よりも水曜日のほうが男性/女性の質が高い気がするとあるため良い出会いを早くしたいと思っている方、平日休みの日シフト制の方はぜひ土日に登録してください。

コロナが落ち着いてきた今日この頃、是非とも新しい出会いを求めている方。これまでお出かけを控えてたかたは登録をしてみてはいかがでしょうか。

登録方法については下記に丁寧に書いて置きました。

スポンサーリンク

バチェラーデートの登録

バチェラーデートの登録はSMS認証から始まります。その時には男性の場合、年齢、自分の年収、就職先、記入して、最後に顔写真を添付して送ります。

  • 年齢  :27歳
  • 年収  :400万~600万
  • 就職先 :大手企業
  • 顔写真 :2枚(旅行先での写真)

SMS認証が終わりましたら以下の相手への希望をAIに覚えさせるための数多くの質問に回答します。自分は20代後半のため相手の年齢を±5歳に設定し、その他にも理想の身長、体型、顔の特徴といった身体的特徴、学歴や離婚歴、会ってみたい職業といった経歴など理想とするものを選択します。

プロフィール記入

プロフィールの記入では先ほどの逆で自分の情報を書き込む番です。

趣味・性格・顔の特徴といったアピールポイントがない自分には何を選べばいいのか分からないのですが何とか記入し次に進みます。

重要条件の設定

最後に相手に求める条件1~3位を決定します。
選択肢としては、顔の特徴、性格、趣味(趣味のうち一覧から選択)、体型、学歴を選択します。

次に自分が会いたい場所の選択です。東京に詳しくない自分には東京駅近くが最適でした。

スポンサーリンク

第一審査の通知

土曜日にプロフィールの記入をして登録を終了し第一審査の結果が火曜日に送られてきました。

結果は、、、、

合格

年収400万ちょいのサラリーマンでも簡単に登録できてしまうようです。ハイスペ男子とは、、、とおもいつつ
受かって良かったなとも同時に感じました。

最初のデート

最初のデートに申込むを水曜日までに送ると木曜日に相手の決定と場所の通知がありました。
デートの申し込みは、男性であれば土曜日か日曜日のどちらかを選択します。時間については17時程度とされております。

時間については相手と協議しある程度の変更を依頼できます。

デートが確定すると以下のようにマイページが更新されます。

まとめ

今回はバチェラーデートに登録できる男の最低レベルはどこにあるのかを検討したり、どんな流れで進むのかを記述しました。バチェラーデートは男性会員からのお金を採取するために男のレベルは低くなる傾向にある気がしています。

ハイスペ男子という触れ込みですが、年収400万ちょいの男でも入れてしまうことが分かりました。

婚活において相手に”データ”を求めるのか”ロマンス”を求めるのかを自分の中で決めておかないと、まだ上がいる、もっと良い人がいるなどと永遠に終わらない婚活になりきっと結婚できないでしょう。

自立も目指す女性にとってはデータよりもロマンスを大事にするなど自分に合った婚活を進めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました